若はげに苦しむ20代男性|発毛しやすい頭皮環境を簡単に作る方法 > 遺伝の話 > 遺伝の影響の大小

遺伝の話

遺伝の影響の大小

薄毛は遺伝するという話は
かなり有名です。


さらに最近は
母方の祖父の遺伝子の影響が
強いといわれています。


まだまだ薄毛については
謎な部分がおおく、
全ては解明されていません。


もちろん遺伝の関係も
わからない部分が多いですが、
今のところそれは有力な
ような気がします。



薄毛の遺伝とは正確に言うと、

薄毛自体が遺伝するのではなく、

薄毛になりやすい体質などが
遺伝するということなのです。



遺伝子は体の設計図といわれ、
人の全てのことがそれに
組み込まれています。


男性ホルモンの分泌量、
5αリダクターゼの分泌量、
その二つの結びつきやすさなどから、


好きな食べ物、
やりがちな行動、
ストレスの感じ方、
などなど。

全てが決まっています。


そのうちの何かの行動が
薄毛につながりやすい、
つながりにくいがあるのだと思います。


男性ホルモンの分泌量などは
自分で制御できないので、
それは遺伝の影響が大きいと
判断できます。



科学において謎が多いことは
探究心をかきたてていいのですが、
薄毛にとってはとてもやっかいなものです。

<<健康上悪いことは減らすという考え | 若はげに苦しむ20代男性|発毛しやすい頭皮環境を簡単に作る方法トップへ | 遺伝でもあきらめたらダメ>>


Powered by Seesaa
定期預金貯蓄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。