若はげに苦しむ20代男性|発毛しやすい頭皮環境を簡単に作る方法 > 生活習慣について > 健康上悪いことは減らすという考え

生活習慣について

健康上悪いことは減らすという考え

薄毛を治すためには
生活習慣を正すとよいと
よくいわれますが、


それだけでは治らないと
悩んでいる人は多いのでは
ないでしょうか。


生活習慣を正すことは
もちろんいいことですが、
悪い生活=薄毛という言い方は
適当ではないと思います。



寝る時間が少ない、
食事のバランスがとれていない、
酒をよくのむ、
などが薄毛の直接的な原因では
ないからです。


悪い生活習慣は間接的に薄毛に
拍車をかける可能性があるのと、

いろいろ健康上問題がでてくるので
それを減らすことに越したことは
ないということですね。



個人的にはいいことを増やす前に
悪いことを減らすほうが
重要だと考えます。



+を増やしても−が多かったら
損なような気がするからです。
同時にできたらそれが一番です。



お酒の飲みすぎやタバコなど
減らせることは結構あると思うので、
そういうのは薄毛じゃなくても
実践すべきですね。


特にタバコは体に悪すぎなので
できればすぐやめてほしいものです。




仮にフサフサになったとしても、
病的な体になってしまったら
本末転倒ですよね・・。


だから髪がすぐ生えないからといって
だらしない生活に戻すことは
しないでほしいと思います。

<<睡眠不足は髪に良くない? | 若はげに苦しむ20代男性|発毛しやすい頭皮環境を簡単に作る方法トップへ | 遺伝の影響の大小>>


Powered by Seesaa
定期預金貯蓄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。