若はげに苦しむ20代男性|発毛しやすい頭皮環境を簡単に作る方法 > シャンプーのこと > シャンプーの成分が気になる

シャンプーのこと

シャンプーの成分が気になる

薄毛問題を語る上で必ず
でてくるのがシャンプーです。


シャンプーといっても
数え切れないほど種類があるので、
買う際はとても迷います。


そこで目安となるのが成分です。


よく言われるのが
石油系の合成界面活性剤
よくないので避けたほうがよい、
というものです。


その一部に
ラウリル、ラウリス、硫酸
がついた成分があります。


それらがなぜいけないと
いわれてるかというと、
洗浄力が強すぎるからです。


洗浄力が強いと必要な皮脂まで
洗い流してしまい、
頭皮はそれを補うため更に多くの
皮脂を分泌してしまいます。



その結果オイリー肌になって
頭皮環境が悪くなるということです。


良いといわれてるのは
アミノ酸系とかベタイン系と
いわれるものです。


洗浄力がほどほどで
頭皮や髪にやさしいからです。



でも問題は値段が違ってくることです。


アミノ酸系は確かにいいと思いますが、
値段がそこそこしてきます。


安い物は良くないとされる界面活性剤が
含まれていることがほとんどですが、
アミノ酸系と比べるとかなり安価です。



経済的な問題もあるので
必ずアミノ酸系を買いましょうと
一方的にはいえません。


安いものしか買えない場合の
選ぶ基準はなるべく成分表示の
左側のほうにラウリル〜などがないことです。


左側にあるほど多く含まれている
ということなので。
あと香料もないほうが望ましいです。



まあラウリルなどの成分も、
洗浄力がなさすぎても問題なので
一概に悪者とは言えないのですが・・・


自分の肌に合う合わない
ということも重要です。

<<飲む育毛剤を飲める人飲めない人 | 若はげに苦しむ20代男性|発毛しやすい頭皮環境を簡単に作る方法トップへ | 正しい頭皮の洗い方は絶対覚えるべし>>


Powered by Seesaa
定期預金貯蓄
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。